第19回目の ginza.rb ミートアップを開催しました。

Ginza.rb 第19回 だれが一番?Railsアプリサーバ徒競走!&Ruby2.2について話そう - Ginza.rb | Doorkeeper

raptor と rhebok のパフォーマンスをみる

第17回ミートアップ で、Rack サーバの比較をしましたが、その時はまだ raptor の実装が公開されていませんでした。

今回は raptor(Passenger5) のベンチマークがとれるようになったので、ベンチを取ってみました。さらに、unicorn の2倍早いという rhebok というサーバも登場したので、それも一緒に。

@y_yagi さんが、第17回に利用したengine yardさんのアプリを使ってベンチをとってくれました。多謝!

結果としては、比較対象としてベンチをとった unicorn と Passenger4 が安定しているなという印象。rhebok や raptor はまだ不安定な気がします…。

あとは、raptor の sleep(sleep 1 してから render するアプリ)の結果の爆速ぶりが異常。多分HTTPサーバのレベルでキャッシュをして、それを返しているのだと思いますが、現時点でキャッシュを返す条件のドキュメントがないので詳細がわからず。

続いては raptor のキャッシュ機能、Turbocaching についてのブログ記事があったのでその内容についてシェア。

Researching a potential new form of HTTP caching optimization - Phusion Blog

簡単にまとめると、Cookieの"一部の"値を利用して、ユーザ種別を判別し、ユーザに応じたキャッシュを返すようにして高速化を図っています。Varnish などのキャッシュ−サーバにも似たような機能があるのですが、Cookie全体の値を利用するため、サードパーティーCookieを利用したアプリなどでは想定するような高速化はできないとのこと。

この機能を使うと、

  • 大多数の人が同じ画面をみるアプリ(ブログなど)
  • 一部だけがユーザ個別のアプリ(ログインユーザの名前の表示部分だけが異なるアプリなど)

の高速化が見込めます。詳細は元記事を参照してください。 たぶんこの記事以外にもTurbocachingの機能があると思うので、それに期待しています。

Ruby 2.2.0 について話す

Ruby 2.2.0 の関連の記事を読みました。

個人的には

{"hoge": "fuga"}

という書き方ができるようになったのが嬉しいです。

次回

次回は2/17(火)です。お題はコーディング規約です。いろんな会社の規約を見ながらワイワイ話しましょう!

Pow などを利用して開発を行う際に、pry-remote は欠かせないツールです。

binding.pry_remote でブレークポイントを設定し、コンソールで pry-remote コマンドを使うと pry のようにデバッグができます。

しかし、pry-byebug の 2.0.0 になってから、pry-remote が利用できなくなってしまいました。pry-byebug の仕様変更が原因のようです。Issue を見る限り、対応には時間がかかりそうなので次のようにして対応しました。

gem 'pry-byebug', '1.3.3'

File Uploads with Refile | GoRails を見ての感想文です。

carrierwave の作者が作った後継 gem refile がなかなかよさそうな感じです。

  • S3へのブラウザからの直接アップロードのサポート
  • サムネイルの動的生成サポート
    • アップロード時じゃなくて、ブラウザからリクエスト来た時に生成
    • もちろん本番時はCDNなどと併用しないとダメです
  • ファイルを選択したら即アップロードのサポート

など、carrierwave にあったらいいなーと思っていた機能が盛り込まれています。あとは参考記事に書いてある文章を読む限りでは、ソースコードも見やすくなっているぽいですね(carrierwaveのソースコード追うのは結構辛かった記憶があります)。

次ファイルアップロード機能をつけるときには使ってみようと思います。

GoRails

GoRails、スタート当初は railscasts と似た内容しかなかったので登録していなかったのですが、今日見たらだいぶ良い感じになっていたのでこのたび課金ユーザになりました。

参考

Refile: Fixing Ruby File Uploads — Elabs

このブログは lokka & heroku で動いています。lokka の theme を Bootstrap 2.1系 で作っていたのですが、このたび最新の 3.3.1 にしました。

メンテがダルいのではてなブログに出戻りたい気持ちがあるのですが、既存の記事をうまく移行する方法が思いつかないので、このままもうしばらく頑張ります…。

とりあえずデザインをもう少しまともな感じにしたいですね( ˘ω˘)

Rails で、text.erb 形式のみでメールテンプレートを作った場合は、テキストメールになるはず。でもなぜかHTML形式で受信してしまう…。

調べたら、使っているメール送信用のサービスSendGridのデフォルトの設定に、テキストメールをHTMLメールに変換して送るというものがあるのですね…知らなかった。変換を外すようにチェックを付けて設定を変更したらテキストメールになりました。

sendgrid.png